ニュースや時事問題を把握して株を有利に進めよう!

- 雇用問題

雇用問題

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)と雇用問題
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に参加表明することになりましたが、実際に私達の生活がどのようになるのでしょうか?
国レベルの大きな問題で考えることも大切ですが、普段の生活にどういった影響があるかはとても興味があります。
農業や保険などをはじめいろいろな分野での影響が懸念されています。
いろいろな意味でこれまでのシステムや価値観を変えてしまうことになるでしょう。
それと同時に国際社会が飛躍的に発展する可能性があります。
TPPだけでなく日本が生き残っていくには高い適用能力が必要だと思います。
これまでの価値観から見るからTPPのデメリットが目立っているのかもしれません。
新しいシステムに向けた旅立ちだと考えてみてはどうでしょうか?
TPPが軌道に乗るまではいろいろな問題があるでそゆ。
けれどもTPPは環太平洋諸国にとって大切な役割を持っているシステムではないかと思えます。
雇用問題にもTPPは影響があると思いいますが具体的にどういったことが考えられるか説明しましょう。
海外から低賃金労働者がどんどんと入ってくるようになれば日本で仕事ができる日本人の数は減少してきます。
海外と日本の物価の差がありますから、雇用面でみたら圧倒的に不利です。
日本人の雇用悪化に伴ってデフレになる心配があります。
もともとTPPは海外に進出しやすくなるメリットが強調されています。
国内の労働マーケットは悪化すると考えるのが一般的でしょう。
けれどもそれは特定の業種にのみ該当するとも考えられています。
日本の得意とする輸出産業ではTPPの恩恵を受けるので雇用面では良くなると試算されています。
TPPについてはメリットあるしデメリットもあります。
どういった面でも得することなどありません。
TPPに参加することで得する会社もありますし損する会社もあります。
しかし参加しない損よりは参加することを日本は選択したわけです。
損をする会社をどのように保護していくかも今後の喫緊の課題です。


  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 ニュースや時事問題を把握して株を有利に進めよう! All Rights Reserved.